スポンサーリンク


守護霊

実話!私が感謝している、白い光で守られた時の守護霊様との体験談!?

投稿日:

 

今回は、私自身の守護霊様との体験談を語りたいと思います。

幼少期時代と小学校時代、そして高校時代に守護霊様に守られて助かった実話について、語ってまいります。

 

守護霊様への感謝の意を込めてまとめた、こちらの記事を読んでいただけたら幸いです。

では守護霊様に守ってもらって助けられた幼少期時代と小学校時代、そして高校時代の体験談をお話してまいります。※全て実話です。

 

守護霊様に守ってもらった体験談:幼少期時代:

まずは、幼少期時代の守護霊様との体験談についてお話していきます。※全て実話です。

スポンサーリンク

幼少期時代の私は、周りから見ても泣き虫で甘えん坊な子でした。そして周りからどう見ても劣るものを持っておりました。

 

それは軽い自閉症、今でいう発達障害です。周りからも「知恵遅れなのでは」と言われていたそうです。

ですので、身内の方や関わってきた友人などにかなりの苦労と迷惑をかけてきました。学校の先生方も苦労されたと思います。

 

それだけ周りとは違う私だったので、周りも特に目を離してはいけない子になっていました。そしてその心配が現実のものとなります。

母親と兄と私(当時三歳)の三人を乗せて車でお買いものした帰り、私は車から落ちて引かれそうになったことがあります。

 

私が車のドアノブに手をやったことが原因で落ちました。車は走っている最中でした。確か産業道路あたりを走行していた時に車から落ちました。

母が運転していたので、私に目をやることができなかった事もあり、私は車から落ちてしまいます。

 

母は兄に「私が何やるかわからないから、見張ってて」と言っておりましたが、兄は出来が悪い私の事を余り良いと思っていなかったらしく、ほったらかしにしていた。

 

当時から宇宙の法則を知っていれば、もっと自分のためにも真剣に学び生きていく意欲が強い子に育っていたのにと今となっては思います。

 

自分は何もできないと思い込んでいたので、人任せにしてきたことがこの災難を招いたと言えると思います。

その車から落ちる時、私自身「助けて」と心の中で咄嗟に無意識で祈っていました。

 

何に祈るかというより、何か見えないものに、運に守ってもらうように、ただただ祈っていました。

その時、真っ白い光に包まれている感覚があることに気が付きます。体中光に覆われている感覚です。

 

また、車が走行している最中にコンクリートの上に落ちたにも関わらず無傷でした。

そして「よし」という声が聞こえてきました。恐らく陰から守ってくれていた守護霊様の声です。

 

その後奇跡が起こります、後ろから走行してきた乗用車は私の首3cm手前で止まり私は助かりました。

体は無傷で、落ちた際も何も痛みは感じなかったです。

 

小さいころから霊感体質だったので、守護霊様が守ってくれたことは感覚的に分かっていました。

この頃から、守護霊様を頻繁に見るようになっていきます。

 

守護霊様に守ってもらった体験談:小学校時代:

幼少期時代、守護霊様に守られるといった不思議な体験をしましたが、小学校時代でも幼少期と似たような経験をしております。

幼少期の時は、車から転落しての事故でしたが、小学校時代はバイクとの衝突事故の際に守護霊様に守られる体験をしております。

 

そのバイク衝突事故の時も似たように、白い光に包まれるような感覚を体験しております。その時も「助けて」と祈りました。

見えない存在から守られるためには、その意志を示すと守られやすくなるようです。※ただし純粋な祈りしか受け止めてくれない。

 

ちなみに、郵便局のバイクと交差する形で事故にあいました。事故の原因は、双方に問題があったということで、警察側が処理をしました。

ただし、バイク側の方が罪が重いと最初は処理されておりました。後になり私が取り下げたので厳重注意で終ってます。

 

私が小学校時代に事故にあった理由として、学校で禁止されていた自転車を乗り回していたのが1つ、そしてもう1つが歩道の横にある自分より背が高い木々に塞がれて左右の確認ができなかったのが原因です。

 

当然学校側にも私が禁止されている自転車で事故にあったことが伝えられ、相当叱られました。

当時小学校低学年は自転車に乗ってはいけないという校則がありました。その校則を破って小学校低学年から私は自転車に乗っていました。

 

引かれた理由は木々で塞がれて横断する際に確認ができなかったのが原因です。しかしバイク側の一時停止違反ということで、バイク側の罪の方が重くなりました。

仕事中での事故とのことで、申し訳なかったので私自身事件とせずに取り下げて終わりました。

 

バイクの前輪(縦)と自転車の前輪(横)が交差する形でぶつかり、自転車は無傷でバイクは前に吹っ飛びました。

スポンサーリンク

ハガキが散乱してそれを回収するのにすごい手間がかかったみたいで、申し訳なかったです。私は奇跡的に打撲のみで済みました。

 

バイクと自転車が接触する三秒ほど前に、「よし」という声が聞こえ、白い光に包まれる感覚になったのを覚えております。

視界も白くなるので、白い光に包まれている瞬間は恐怖心でおかしくなりそうなぐらい怖かったです。

 

ここでも白い光に包まれた感覚があったので、守護霊様に守ってもらった事を実感しております。

見えないところでも人様に迷惑をかけて生きていることを改めて自覚させられますね。

 

守護霊様に守ってもらった体験談:高校時代:

では次に高校時代の話をします。この頃は精神的に疲れてて余りいい思い出がありません。ここぐらいから内気になり、鬱病を発症しています。

精神的にも不安定になり、たまにストレスがある時、部屋の中で火遊びする事もありました。

 

高校時代結構無理していたこともあり、相当病んでいました。何をしていたのかというと、誰とも関わらずただひたすら勉強していました。

そのような生活をしていたら頭がおかしくなるのも無理ありません。

 

親にそうしろと言われ、やり始めた結果がこうなったと言えるかもしれません。ですので高校時代はボッチでしたね。

誰も友達と呼べる人がいませんでした。そのストレスを発散させようと家で火遊びし始めるようになります。

 

たまたま火事にはなりませんでしたが、今考えると恐ろしいことしていたと思います。親が留守中に家で火遊びしていました。

空になった香水のビンに、スプレー缶のガスを溜め、火をつけて遊んでいたのです。

 

毎日ではありませんでしたが、たまにこの火遊びで遊んでいました。しかも室内でです。椅子に座り、机の前でこの遊びをやっていたのを覚えています。

たまにしか、この火遊びで遊んでいませんでしたが、ただ一度だけ、この火遊びで危険な経験をしております。

 

火遊びしている最中、体全身を覆うように、火が一瞬燃え上がってしまった時があったのです。

その時、光に包まれ、何かに守られているのを感じ取ったのです。その時感じました、「守護霊様に守られた」と。

 

守護霊様の白い光に覆われて助かり、また守護霊様に守ってもらったのだと実感しました。

室内も燃えた痕跡もなく、自分も焼けどを負わずに済みました。腕の毛が少し縮れた程度で済んだのです。

 

その時、守護霊様の怒鳴るような声が聞こえてきたのです。

何を話しているのか聞き取れませんでしたが、怒鳴っている事はわかりました。相当怒っていました。守護霊様に怒られて当然です。

 

本当に申し訳ないことをしたと思っております。心の中で「すみません、二度としません」と守護霊様に謝り、そしてこう誓いました。

「もう二度と火遊びをやらない」と。それから、火遊びして遊ぶことがなくなりました。

 

それ以降火遊びをすることをやめたのです。この守護霊様のおかげで火遊びをやめることができ、今となっては、感謝しております。

感謝してもしきれない・・命の恩人ですし・・。

 

まあこのような経験から、小さい時のようにまた、見えない世界に興味を持つようになり、自分なりに情報を調べたりするようになります。

そして、高校時代にその見えない世界の経験を体験してから、またその見えない世界に沿って生きるようになりました。

高校時代の自分の境遇と似ている人のプロフィール(現在:凄腕アフィリエイター)

 

守護霊様に守ってもらった体験談:まとめ:

この高校時代から、理論的に精神世界などの見えない世界の分析を始めるようになります。

この高校時代の体験が結果的に見えない世界について本格的に分析してみようと思った切っ掛けにはなりました。

 

この見えない世界を知ることで、愛というものを感じ取ることができるのか、この三次元の現実世界でのイジメや遊び(娯楽)などに手を出しづらくなることも経験しております。

 

元々霊感体質だった私は、元々この見える世界と見えない世界の違いについてすごく疑問に思っていて、自分が納得がいく形で結論を出したいと思っておりました。今は自分自身の体験から、守護霊様などの見えない世界のシステムについて理解できるようになりました。

 

見える世界で生きている人々が、何か身の危険に曝された場合、守護霊様という見せない存在に守ってもらえることがわかっております。

交通事故などで何か身の危険に曝される時、白い光に包まれる体験と言うのは、守護霊様が守ってくれる時に表れる現象なのだと思います。

 

交通事故に一番よくみられるケースだと思います。守護霊様の気を私の体全体に流して守ってくれたのだと勝手に解釈しています。

※ただし「守護霊はいない、霊はいない、見えない存在など信じない」という固定観念を外さないと守ってくれない。

 

もしかしたら事故や災難があった際に、私と同じような自分を守るように白い光に包まれる、そのような感覚を体験をしたことがあるって方が読者の中でいらっしゃるかもしれませんね。

 

長くなりましたが、実話に基づいた私自身の守護霊様の体験談については以上となります。

交通事故や火事になりかけた時、本当に守護霊様にはお世話になりました。

 

感謝しております。そして今後とも、どうか私の事を見守っていてください。

スポンサーリンク

オススメ記事

オススメ記事


関連記事&スポンサーリンク

関連記事&スポンサーリンク



オススメ有料記事:ベスト8

1

  やりすぎ都市伝説の関暁夫さんが伝えようとした「人間選別」と「聖杯」の意味について、今回少しだけ紹介していこうと思います。 「人間選別」と「聖杯」はとても深い関係にあります。   ...

2

  イルミナティが用意した新約聖書についてまとめていきます。 イルミナティは、この新しい聖書を世界各国に広めるため、2013年に公式サイトを立ち上げました。   "Illumina ...

3

  UFOの原理について、今回少しだけ紹介していきたいと思います。 UFOというのは、宇宙の法則を正確に理解していないと作ることは不可能です。それだけUFOは、宇宙の法則と大きく関わっている ...

4

  今回は、地球の真の歴史について暴露していきたいと思います。 今回のは、結構ガチで地球史を調査し、数多くの隠されてきた情報がわかってしまったので、その情報を皆様に公開したいと思います。 で ...

5

  ここでは哲学について触れています。哲学というのは法則があり、スピリチュアルとも深い関係があるものです。 スピリチュアルは哲学そのものだと言う人も中にはいるぐらい。   哲学とは ...

6

  ヴォイニッチ手稿の真実について、暴露したいと思います。簡単に言ってしまえば、ヴォイニッチ手稿とは、異次元空間についてまとめたものなのです。   ヴォイニッチ手稿に異次元空間の全 ...

7

  ピラミッドは宇宙人が作ったとされております。しかし、これは紛れもない事実なのです。 ピラミッドというのは、惑星を管理するためにあえて作った建造物です。宇宙人と言うのは、科学的に根拠がある ...

8

  奇天烈動画配信団さん、そして私自身の見解からの「火星移住計画」について触れていきたいと思います。 この火星移住計画の話に入る前に、まずは奇天烈動画配信団さんのその後と現在について軽く触れ ...

-守護霊

Copyright© 元宇宙人のスピリチュアルブログ , 2018 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.