宇宙人

宇宙人が作った虫のすごさをまとめてみた!

更新日:

今回は「虫のすごさ」についてまとめていきたいと思います。

虫について、深く掘り探ることってめったに無いと思いますし、そこまで虫について考える人もいないと思います。

 

よく人から毛嫌いされる生き物でもありますし^^;

しかし良く虫について考えてみると、「この生き物はすごい」と思えるところが実はいっぱいあります。虫は抗菌作用が強く、病気にかかりにくい。

 

これだけ病気に対して免疫が強いからこそ、腐敗した細胞などを分解できるとも言えますね。我々動物は、新鮮な有機野菜や肉などを食べ生きております

しかし彼ら虫は、有機物を分解し、無機物に変える事が出来る生き物です。

 

プランクトンなどの微生物も、有機物を無機物に分解することができます。このような有機物を無機物に分解できる生き物を「ソマチット」と呼ぶようです。

食物連鎖では、一番下の方の生き物に当たります。

 

 

有機物を無機物に分解するだけの免疫力を備えた生き物が虫とも言えますね。

そんな抗菌作用が強く、病気にかかりにくい虫ですが、実は免疫力を強くし、有機物を無機物に分解できるように、DNA配合された生き物でもあるのです。

 

 

抗菌作用、病気に罹りにくいようDNA配合された生き物が虫!?

 

 

先ほども申した通り、虫というのは病気に掛りにくいようにDNA配合されています。虫の体液は抗菌物質が含まれており、病気に掛りにくい体になっております。

 

虫でも強い抗菌作用をもっているのは、有機物を無機物にする虫やゴキブリでしょう。土を作る役割として虫は欠かせない生き物です。

そして蚊などの羽が付いた虫たちは、受粉を助けるので植物の助けに一役買っています。そのため虫は病気に掛りにくい構造になっているとも言えます。

 

しかし、中には植物や虫を食べる虫もいますし、そのような虫は抗菌効果が弱く病気に掛りやすかったりします

また虫は、真菌などのカビ菌には、免疫性が弱く、唯一カビによる病気にかかりやすいことがわかっております。

 

外の甲羅が全身を覆っているだけなので、微生物や寄生虫などの小さい天敵から狙われやすかったりしますし、完全には病気には掛らないというわけではありません。

 

 

虫は虫、人間は人間と、DNA配合によって苦手な事や弱いところなどがあるように、逆に強いところや長所もあるわけです。

このように惑星をキレイに保つため、共存し調和させるために、食物連鎖というシステムが存在しているとも言えます。

 

 

食物連鎖に欠かせない有機物と無機物の関係!?

 

 

食物連鎖というシステムは、生き物が地球で生き続けるためには欠かせないシステムです。

 

土→植物→動物→土と、それぞれの生命の役目で食物連鎖が起こされています。土から植物が育ち、動物が食べ、動物から排出されたものを虫が食べ土にする。

虫は不純物を取り除き無害な土に変えています。虫は、この食物連鎖というシステムの中で、重要な役割を果たしてくれている生き物と言えます。

 

有機物を分解する虫などの生き物と、無機物から誕生する有機物などの生き物がそれぞれ効率よく機能し、食物連鎖というシステムが成り立っているわけですね。

 

無機物と有機物を作りだす生き物がいるから、食物連鎖が成り立つ!?

 

この地球の法則に基づいた食物連鎖を維持するために、無機物と有機物を効率よく生み出す生命体がそれそれで必要だったと言えることができます。

スポンサードリンク

 

地球という惑星で食物連鎖を行いながら、共存を維持するため無機物と有機物という生物それぞれ欠かせない生き物だと言えると思います。

地球の自然界に適した性質を持った生き物が有機物と無機物だという事です。

 

では誰が、地球に食物連鎖というシステムを齎したのでしょうか。

実は、地球人よりも高度の科学力を持った知的生命体(宇宙人)が、地球に生き物を運んできて食物連鎖というシステムを作ったと言われているのです。

 

 

宇宙人が有機物と無機物を作りだせる生き物を創った!?

 

 

食物連鎖というシステムが効率よく行われるように、有機物と無機物で分け、生き物それぞれをDNA配合したと言えるのではないでしょうか。

 

ちなみによく「無機物を創りだす生命体は宇宙人が持ち出したもので、有機物を創りだす生命体は地球に深い関わりがあるのではないか」と、オカルトの中では言われております。

 

しかし、この「無機物のみ宇宙人が創りだした説」は間違っていると思うのです。両方とも宇宙人の産物で、宇宙人が生命を創りだしていた可能性の方が高いです。

 

お互い生き続けるために、共存することを選んだ生命と宇宙。

これの意識を尊重した高度生命体が、新たな生命を創り誕生させた。こっちのほうが説としては、可能性があると思うのです。

 

地球の食物連鎖に合わせ、無機物と有機物が作られた!?

 

 

まず惑星をプラネットと考えてください、ここには無機物と有機物を創りだす生命体がそれぞれ共存していないと生きていけませんよね。

なぜならプラネットが汚染されてしまうからです。

 

てことは、地球上で生命を生かすためには、両方とも始めから誕生していないとおかしくなるのです。

地球に生物を誕生させるために、予め有機物を無機物の生命体が用意されていたと言えると思います。

 

ただ不思議な事に、虫という少し小型のソマチットに当る生き物は、7000万年前に突然出現した生き物なのです。

地球上にいきなり現れた生き物が虫なのです。7000万年前までは、虫と言う無機物を創りだす生き物は存在しなかったのです。

 

微生物や他の液体型のソマチットさえ地球上に存在していれば、有機物と無機物の食物連鎖のサイクルが可能なため、虫と呼ばれる生物は存在していなくても、自然界の共存は保たれていたということが言えますね。

 

7000万年前、虫を地球に運んできた宇宙人とは!?

 

 

この銀河には昆虫類の異星人が存在しています。

実際にこの太陽系でも、木星に昆虫類人が住んでおります。その昆虫類人が地球に虫を持ってきた張本人達なのです。

 

木星に住む昆虫類人は、この太陽系がある、天の川銀河を管理している宇宙人に、「虫を地球に運んできていいのか」と交渉しました。

この交渉で、認められている範囲内で昆虫類人は、虫を地球に運んできたというわけです。

 

古代にいきなり虫が大量発生し始めたのも、この昆虫類人が地球に虫を運んできたせいなのです。

ちなみに虫は、元々地球にも火星にも生存していなかった生き物です。

 

 

 

今後虫に関連した情報が、オープンになってくる!?

 

今後さらに虫や、宇宙人などの考古学についての真実の歴史が解明されていくでしょう。そして、隠されてきた情報もオープンになっていきます

新時代、医学的にも、虫について注目が集まるようになっていくでしょう。

 

今後虫の抗菌効果が改名され、我々の生活にも生かしていけるようになるのではないでしょうか?

薬品に頼らないで虫たちの抗菌効果を利用したものが、これからの主流となっていくのではないでしょうか。


スポンサードリンク

オススメ有料記事・ベスト6

1

  やりすぎ都市伝説の関暁夫さんが伝えようとした「人間選別」と「聖杯」の意味について、今回少しだけ紹介していこうと思います。 「人間選別」と「聖杯」はとても深い関係にあります。   ...

2

    今回は、地球の真の歴史について暴露していきたいと思います。 今回のは、結構ガチで地球史を調査し、数多くの隠されてきた情報がわかってしまったので、その情報を皆様に公開したいと ...

3

  やりすぎ都市伝説の関さんは、「2018からAIによって人間選別が始まる」と公言しておりました。 そしてその「人間選別」で選ばれるための、具体的な方法を「聖杯の真実ー下」で説明いたしました ...

4

  UFOの原型となる、宇宙や惑星、そして反重力などのUFOの基礎となる仕組みについて、今回少しだけ紹介していこうと思います。 実際に、宇宙や惑星は、UFOの仕組みと大きな関わりを持っており ...

5

    ヴォイニッチ手稿の真実について、暴露したいと思います。簡単に言ってしまえば、ヴォイニッチ手稿とは、異次元空間についてまとめたものなのです。   ヴォイニッチ手稿に ...

6

    イルミナティは我々を家畜として管理するために、人類を管理する水準に保とうと、数多くの工作を行っています。   ネットでは「人類を10億人にまで除去し、管理できる水 ...

-宇宙人

Copyright© 元宇宙人のスピリチュアルブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.