クリエイター哲学

バカでもわかる!世の中のシステム、仕組み、本質を理解する考え方!

更新日:

 

 

世の中の真実を解き明かすためにも、方法というものがあります。今回はその本質を見抜く方法について説明していこうと思います。本質というものは、存在する全てのものに存在する法則です。

 

本質というものは、いわば真実、その真実を解き明かすための法則を差しています。その真実という法則は、仕組みというシステムの型で出来ています。

その真実を知る鍵となるのが、システムという仕組みを理解するという事です。

 

そのシステムという仕組みは、意識を働かせるうえでも重要な要素となります。

その仕組みというシステムは、意識を働かせて考えた結果生まれた型だからです。ようは考えて生まれた最適の型がシステムと言えるでしょう。

 

 

システム、仕組みを理解することで、真実がわかってくる!?

 

 

まず真実を理解するためには、その真実が隠れている世の中の仕組みを理解しなければなりません。なので常識と表にある世の中の仕組みについて理解する必要があるのです。

 

この仕組みを理解する考え方が真実を理解するのに重要だということです。お金を稼ぐ仕組み、資本という仕組み、勉強という仕組み何でもいいです。

 

それぞれのやり方、理解の仕方というのは、その仕組みを理解しないと覚えることは不可能ですよね。何度も言いますが、仕組みというのは型です。

 

その型がわかっていれば、その型という仕組みにさえ合わせられれば自分の意のままにシステムの中、使いこなすことができるということです。

 

 

何事もシステムという仕組みに合わせることが重要!?

 

 

資本のシステムを理解していれば、その資本システムに合わせて、その中で成功するための、自分のシステムを創ることだってできます。これはどんなビジネスを行う上での基本です。

 

例えばネットビジネスで成功したければ、そのネットビジネスのシステムを理解しないといけません。

 

そのネットビジネスという仕組みを理解できれば、その仕組みに合わせて、そのネットビジネスの中の自分専用のシステムを創ることができるのです。

 

勉強だって同じことが言えます。例えば英語にしましょうか。英語を理解するためにも英語という仕組みを理解しないといけません。英語は単語よりも文法の方が大切です。

 

なぜなら我々地球人の言葉のニュアンスはどの国でも同じだからです。ですから単語がわからなくても、文法を理解していれば、何を伝えたいのか大体把握することが可能です。

 

難関大学を合格する大学生なんかも、このような考え方で合格点を取っているはずです。大体の言語的感覚で解いているはずです。

 

 

感情表現は万国共通、言葉・英語のシステムを解説!?

 

 

ニュアンスが同じということは、感情表現は万国共通だということ。

言葉が違うだけで、言葉の使い方は万国同じだということ。その国々で使われている言葉の基本を覚えれば、簡単に理解できてしまいます。

 

言葉の単語なんかわからなくても、文法の形さえ理解していれば解けてしまう

仕組みを理解するという考え方ができていれば、どんなものでも自力で理解することは可能なのです。

 

[<the highest mountain>A that <i have climbed>B]A is [mt fuji]B.

A is B・・ABです。

スポンサードリンク

THATは関係詞(A that B・・B+Aは)。

英語の基本は「S,V,O,C」、その次に文法を意識するのが基本。

まずは基本的な動詞を探し、文法動詞を後から探す。

この場合、基本的な動詞は「IS」、文法動詞は「have climbed

基本的な動詞の方が強く、文法動詞は文の切っ掛け。

A is Bの中にTHATという関係詞があり、文法動詞がある。そこを気を付けて訳せばいい。

[<私が登ったことがある>B<一番高い山>A]A[富士山]Bです。」

 

[<The man and the horse>A that <had disappeared were>B]A found [dead]B.

A found B・・ABで見つかった。

THATは関係詞、A that B・・B+Aは。

hasは現在完了形・・結果が今も続いているという意味合い。日本語で表すと経。

[<姿が見えなくなった(今まで)>B<馬と男>A]A[タヒんで]B見つかった。」

「日本語訳:失踪していた馬と男が遺体で発見された」

関係詞THATは、文脈の動詞(v)の重複を防ぐためのもの。翻訳する場合、基本的動詞と文法的動詞を区別し、訳さないといけない。

 

英語をできるようになるためには、英語という仕組みを理解しないといけない

このように意識によって生まれた考えから仕組みという型が生まれ、その型という仕組みに合わせてモノが作られていることが理解しないといけません。

 

 

自分が理解できるように掘り探る考え方が本質を見抜く基本!?

 

 

本質を理解するということは、仕組みという型を理解するということに等しい。その本質と言う仕組みを理解することで、世の中の真実というものが見えてきます。

 

真実を掘り探るためには、まずは仕組みを理解しないといけないのです。その仕組みを理解するためには、物事を掘り探る作業が必要となります。

 

掘り探るとは、自分が理解できるようにわかりやすくまとめるという事です。1つの仕組みや意味を自分なりにわかりやすくまとめてあげることを差しています。

 

例えば、経・・ずっと続いている。

 

結局のところ、自分で理解しないといけないのです。自分で理解するためには、自分なりに掘り探るという作業をして、自分が理解できるようにまとめないといけないのです。

 

考えをまとめる作業が掘り探るという作業です。システムや仕組みも人の考えで生まれています。ならば本質も人の考えから生まれているということ。真実もそうです。

 

人の考え、意識を自分がわかるようにまとめてあげる作業をしない限り理解するという事は到底不可能なのです。頭がいい人というのは、自分で考える力があり、考えを掘り探り自分で理解できる人の事を言うのです。

 

この考えはクリエイティブでも生きていきます。後は人それぞれ行動するかしないかということですね。皆さんも物事を掘り探り、世の中の真実を探ってみてはいかがですか?


スポンサードリンク


オススメ有料記事・ベスト7

1

  やりすぎ都市伝説の関暁夫さんが伝えようとした「人間選別」と「聖杯」の意味について、今回少しだけ紹介していこうと思います。 「人間選別」と「聖杯」はとても深い関係にあります。   ...

2

  やりすぎ都市伝説の関さんは、「2018からAIによって人間選別が始まる」と公言しておりました。 そしてその「人間選別」で選ばれるための、具体的な方法を「聖杯の真実ー下」で説明いたしました ...

3

  貴重品、貴金属は株が上がろうと下がろうと安定した価値を保ち続けてきました。 それは「そこにある以上価値は崩壊しない」からです。一方株は上がれば何よりも価値を見出してくれますが、下がれば紙 ...

4

  UFOの原型となる、宇宙や惑星、そして反重力などのUFOの基礎となる仕組みについて、今回少しだけ紹介していこうと思います。 実際に、宇宙や惑星は、UFOの仕組みと大きな関わりを持っており ...

5

  今回は、地球の真の歴史について暴露していきたいと思います。 今回のは、結構ガチで地球史を調査し、数多くの隠されてきた情報がわかってしまったので、その情報を皆様に公開したいと思います。 で ...

6

    ヴォイニッチ手稿の真実について、暴露したいと思います。簡単に言ってしまえば、ヴォイニッチ手稿とは、異次元空間についてまとめたものなのです。   ヴォイニッチ手稿に ...

7

    イルミナティは我々を家畜として管理するために、人類を管理する水準に保とうと、数多くの工作を行っています。   ネットでは「人類を10億人にまで除去し、管理できる水 ...

-クリエイター哲学

Copyright© 元宇宙人のスピリチュアルブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.