システムの変化

羽生善治氏が語る若者の変化とネット社会!量より質の時代!?

投稿日:2016年5月28日 更新日:

日本の将棋棋士、羽生善治氏は「大量生産に重視したビジネススタイルを取り入れてきた日本、それも終わりを向かえIT社会になり似たような物が台頭し市場が飽和状態にある」と語った。

 

私自身、時代は量よりも質を重視するように変化しつつあると感じています。

では質とは何なのか?どうやったら質のいい商品が生み出せるのか?その考えを哲学を用いてまとめ、記事にいたしました。

 

日本の将棋棋士、羽生善治氏はネット社会によってどんな変化を感じたのか!?

日本の将棋棋士、羽生善治氏は「羽生善治氏~インターネットの普及がもたらした学習の高速道路と大渋滞」という記事で、IT社会、ネットワーク社会になり将棋、世の中がどう変化し、また別の違う要素も必要だと感じると語られています。

 

 

ではネット社会は現代社会にどのような変化を与え、また何が必要なのかというのを、羽生善治氏の考えから掘り探りそのインターネット後の社会変化と今後必要とされる要素を説明していこうと思います。

 

ネットの社会変化:見解
 

記者「この10年のITの進化とインターネットの普及によって将棋の世界の何が一番変わったと思いますか。」

 

羽生氏「将棋が強くなるための高速道路が一気に敷かれたということだと思います。でも、その高速道路を走り切ったところで大渋滞が起きています。」

 

羽生氏「そうやって皆で到達したところで直面する大渋滞を抜け出すには、どうも全く別の要素が必要なようであると感じています。」

 

羽生善治氏はこのように分析しています。ここからは私自身で感じた見解を述べさせて頂こうと思います。

羽生善治氏の理屈は正しいと思います。ネット社会になり同じ情報を瞬時に多数の人が得る事ができるようになりました。

 

また多数の人が同じように瞬時に吸収できる情報量が増えています。

似たような情報を同じように吸収するため似たような考え、知識を持った若者が増えてきています。ネット社会によりこのような変化が起こりつつあります。

 

ネット社会のメリットとデメリット!?

 

ネット社会のメリットは、情報伝達のスピード

アナログ時代とは比較にならないほど早くなり、瞬時に情報を吸収できるようになりました。そのため一日に吸収できる情報量や作業の時間短縮にも繋がっています

 

IT、ネット社会の強みでもある効率化、単純化が無駄なく行われるようになりスムーズに情報を吸収できるようになりました。ただデメリットもあります。

 

似たような情報を持った群衆が出来上がる!?

情報をネットの中でのみ得ようとする人達が増え、考え、知識が似たような人で溢れるという傾向が起こります。

 

自分で情報を見つけ出し、また創りだすという行動を起こさなくなります。

その結果が羽生善治氏の言葉で例えると「高速道路の大渋滞」という現象が若者で起こる。

スポンサードリンク

 

このネット社会による似たような知識と情報料をもった人達から抜け出し、一歩二歩成長させるには、自力で質を追い求めないといけません。

 

そうなってくると今度は本当に力があり人とは抜けた才能があると認められるために、質を追求するが重要になってきます。

人と同じではなく、磨かれた個性を持っていないといけないのです。

 

羽生善治氏がいう別の要素とは何か!?

 

このようにITの進歩でのネット社会で情報を簡単に得ることができ、ネットの情報を頼るようになってきている今の時代では、最後にモノを言わせることができるのが質なのです。

 

最初は質より量が価値を見出します。なぜかというと先に市場にのめり込んだもの勝ちになるからです。

でも最後に生き残るのは質を追及している人です。

 

質を向上させる「好き」と言う意識が必要!?

結局ね、本当に好きでやってるものしか最後まで生き残れないんですよ。

なんせ普及すると最後に問われるのは質ですから。その職業として己の質をあげるためには本当に好きでないと向上できないんですよ。

 

なぜかと言いますと、好きでないと追及しないからです。

好きでないと追及しませんし質を向上しようとする意思、欲が働きません。

 

好きでないと諦めないという意識にならないんですよ。ただそれだけのことです。

好きでないとだいたいで済ませてしまうようになってしまう。

 

本当に好きでないとそこまで意思を働かせて意識を強く持って作業と向き合うことはできないのではないのでしょうか。

いつの時もものを言わせるのがその質ですね。

 

その差が大きければそれだけ差ができる。それだけ真剣に作業と向き合ってる証。

好きな仕事や趣味を見つけられる人は、天職に巡り合えることができるでしょうね。好きな仕事が天職ですから。

 

好きなことを見つけられる人は有利!?

 

羽生善治氏が述べているネット社会での全く違う要素というのは「ネットの情報だけを頼らず、自分自身で情報を集める力と、それを行うだけの意識の強さ」のことでしょう。

 

また意識を解放するためにも、全体主義にずっぽり漬かってしまうのは危険なのかもしれません。

ほとんどの人が好きな仕事をしていないので、質を追求することはしませんから。

 

今まで周りに合わせて生きてきた人が、いざ自分で本当の意味で考え意思を強く持って行動に移すのは難しいような気がします。

その点ニートやオタクさんは有利なのではないでしょうか。

 

なぜなら全体主義に縛られていないからです。このように一つの作業の質を向上させるには、意識を強く持って追及しようと行動に移さなければなりません。

そのためには本当の意味でその作業自体を好きで取り組まないとできないのです。

 

これが私の見解です。意思や意識を強く持ち、欲を強く持つというのは、どこでも必要とするのですね。

皆様も哲学の考えで物事を掘り探ってみてはどうでしょうか


スポンサードリンク


オススメ有料記事・ベスト7

1

  イルミナティが用意した新約聖書についてまとめていきます。 イルミナティは、この新しい聖書を世界各国に広めるため、2013年に公式サイトを立ち上げました。   "Illumina ...

2

  やりすぎ都市伝説の関暁夫さんが伝えようとした「人間選別」と「聖杯」の意味について、今回少しだけ紹介していこうと思います。 「人間選別」と「聖杯」はとても深い関係にあります。   ...

3

  やりすぎ都市伝説の関さんは、「2018からAIによって人間選別が始まる」と公言しておりました。 そしてその「人間選別」で選ばれるための、具体的な方法を「聖杯の真実ー下」で説明いたしました ...

4

  貴重品、貴金属は株が上がろうと下がろうと安定した価値を保ち続けてきました。 それは「そこにある以上価値は崩壊しない」からです。一方株は上がれば何よりも価値を見出してくれますが、下がれば紙 ...

5

  UFOの原型となる、宇宙や惑星、そして反重力などのUFOの基礎となる仕組みについて、今回少しだけ紹介していこうと思います。 実際に、宇宙や惑星は、UFOの仕組みと大きな関わりを持っており ...

6

  今回は、地球の真の歴史について暴露していきたいと思います。 今回のは、結構ガチで地球史を調査し、数多くの隠されてきた情報がわかってしまったので、その情報を皆様に公開したいと思います。 で ...

7

    イルミナティは我々を家畜として管理するために、人類を管理する水準に保とうと、数多くの工作を行っています。   ネットでは「人類を10億人にまで除去し、管理できる水 ...

-システムの変化

Copyright© 元宇宙人のスピリチュアルブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.