イルミナティ

差別・偏見は洗脳!平等意識が全体主義を作らせ大衆誘導させている!

更新日:

 

 

皆さんは平等という言葉について考えたことがありますでしょうか。私は平等意識は全体主義にさせる大衆誘導(洗脳)だと思っています。

 

平等意識が変な方向に進んでしまうと自由がない社会が出来上がってしまうのです。この世に生まれ落ちた時点で絶対なる平等は存在しないのです。

 

人それぞれ才能も違いますし、女男でも考えや特徴も違ってきます。全てにおいて平等というものは絶対に存在しないのです。

 

そう平等意識は全体主義の思想を植え付け、大衆誘導させる洗脳だったのです。平等意識は個性を壊します。

 

平等意識という全体主義を無くすためには、まずは個性を受け入れる考えが大切になってくるのです。

 

 

平等意識で「差別と偏見」は無くせない!?

 

 

平等意識という全体主義的な考えは「差別と偏見」を生みます。差別と偏見を無くすという考えの下、平等意識が高まったのですが、一向に差別と偏見が減りません。

 

むしろ平等意識により更に差別や偏見の感覚が強くなっていると感じています。「皆平等でなければならない」という平等意識が余計に「差別と偏見」を生んでいるのです。

 

ではなぜ平等意識が「差別、偏見」を創ってしまうのでしょうか。

それは平等意識は全体主義の押し付けでもあるからです。全てにおいて平等でなければならないという価値観は、自由に反するのです。

 

全ての生命は不規則に特徴が違います。この個性の違い、体や能力の違いという法則に反した平等意識は間違っていると私は思います。

 

 

事実戦後になってから、日本人は組織、団体を意識し、個性を出す事に恐怖心を持っている人は少なくありません。

 

人と違う、社会の人間と違うと思われるのが怖くて仕方がない人々しかもう日本人はいないのです。しかしその恐怖心を乗り越えた者が成功しているという事実があります。

 

これが現実です。これは日本人の個性という強いこだわりを恐れたアメリカ(イルミナティ)が行った洗脳なのです。我々はその洗脳にまんまとはまっているという事です。

 

 

「差別、偏見」は人それぞれの「個性」の違いによって生まれている!?

 

 

宇宙のシステムである「魂、肉体」は、生命全て平等に与えられています。一方で魂はそれぞれ「個性」という特徴を持っています。

 

特技、能力だったり顔や骨格まで「個性」というものは皆違います。「個性」という違いを平等に分け与えられているともいえます。

 

ですから本来なら我々に不平等はないのです。しかし現実では、我々に運命づけられ、そして生まれ育った場所の「価値観、思想、不文律(常識やルール)」によって違ってきます。

 

世の中を作る常識というのは、全体主義にさせるための洗脳だということです。

私は価値観や常識、ルールといったその平等意識という全体主義が、個性を潰し、差別、偏見を生んでいるのだと思っています。

 

この人間社会は差別と偏見を創るために巧妙に仕組まれているのです。ですので、平等意識では差別と偏見を無くせないという事です。

スポンサードリンク

 

実は差別と偏見を社会から無くさせる方法があります。それは個性を受け入れる考えを持つということ。ではこの差別と偏見を無くす考え方を詳しく教えていきたいと思います。

 

 

人の「個性」を受け入れる事で「差別、偏見」は無くせる!?

 

 

全てが「平等=皆同じ」と考えると人それぞれの特徴や個性を受け入れるという感覚が無くなってしまいます。戦後生きてきた日本人こそまさにそれです。

本来の平等を勘違いしてしまっている日本人が多いと思います。

 

私は平等意識から生まれた全体主義の差別と偏見を解決する方法として、人それぞれの個性を受け入れる考え方というのが大切になってくると考えています。

 

この考えを人間が持てば自由主義に近い考えも生まれてくるはずです。

それを行うことによって差別と偏見というものが減るでしょう。平等でないからこそ、人それぞれに個性というものがあるわけです。

 

人それぞれ考えやこだわりが違うのですから当然です。平等意識が全体主義に誘導、洗脳させられていることを、改めて理解する必要があるでしょう

 

個性が違うからこそ、差別、偏見を持たないように気を配ることが大切だということです。人それぞれ得意不得意が違うし、考えも違うのです。

 

 

イエスキリストのありのまま(個性)を受け入れる大切さとは!?

 

 

実は新約聖書にそれに近い教えがあります。秩序を保ち差別を無くす考え方がそこに記されているのです。しかし今はかなり書き換えられており、わかりにくいように教えを枉げられてしまっています

 

聖書には「隣を愛せ」という「人々の個性をありのままに受け入れる」事の大切さを悟らせるためのイエスキリストの教えが記されております。

 

しかし残念ながら新約聖書も完全に書き換えられ本来の教えが隠されてしまっています。その杜撰な聖書の教えのせいで「犯罪者まで愛さないといけないのか」という勘違いを起こす人もいるでしょう。

 

イエスキリストの本来の教えというのは、宇宙の法則に基づいた哲学に過ぎないのです。ようは科学です。

 

 

宇宙の法則というシステムは、全てにおいて平等である!?

 

 

宇宙の法則に反した魂は、罪に問われます。

波動(周波数)を下げる行いそのものが罪であり、それ以外に本来罪はありません。波動(周波数)に合わせ生まれる場所を区別しているわけであり、本来地獄も天国もありません。

 

ただ地球人はこれ以上下がったら、波動が相当低い領域に落ちてしまいます。まあ我々の間隔で言う地獄です。犯罪を犯し波動を下げてしまったならば、死後後悔することになるのは当然です。

 

宇宙のシステムは皆平等に与えられています。システムそのものを皆平等に与えられているからこそ、元宇宙人の魂である、宇宙の法則の教えというのは生きてくるのです。

 

 

我々の平等というのは、個性と共に自由を大切にするためにあるのです。平等に与えられたシステムをどう使うのかで我々の価値観も大きく変わってきます

 

日本人は今後「個性に対して、ありのままに受け入れる」事ができるようになれば、差別と偏見も次第に無くなっていき、更により良い国へと変えていくことができるようになるでしょう。

 

平等意識ではなく、個性を尊重する考え方が皆できるようになると良いですね。※日本人は秩序を保つための法則を見つけ、それを守っているからこそ争いが起きにくいとも言えますね。


スポンサードリンク

オススメ有料記事・ベスト4

1

  やりすぎ都市伝説の関暁夫さんが伝えようとした「人間選別」と「聖杯」の意味について、今回少しだけ紹介していこうと思います。 「人間選別」と「聖杯」はとても深い関係にあります。   ...

2

    今回は、地球の真の歴史について暴露していきたいと思います。 今回のは、結構ガチで地球史を調査し、数多くの隠されてきた情報がわかってしまったので、その情報を皆様に公開したいと ...

3

    ヴォイニッチ手稿の真実について、暴露したいと思います。簡単に言ってしまえば、ヴォイニッチ手稿とは、異次元空間についてまとめたものなのです。   ヴォイニッチ手稿に ...

4

    イルミナティは我々を家畜として管理するために、人類を管理する水準に保とうと、数多くの工作を行っています。   ネットでは「人類を10億人にまで除去し、管理できる水 ...

-イルミナティ

Copyright© 元宇宙人のスピリチュアルブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.