宇宙人からのメッセージ

競争、戦争をやめ自然と共存できないと絶滅する!?地球人の使命とは

更新日:

 

 

私達人間には皆共通の使命があります。それは自然に適合できるように生き方を戻す事です。全ての生命は自然と共存しながら生きています。自然に背を向けて生きているのは地球人だけでしょう。

 

 

自然界の生き物は、共存するため無駄に競争、縄張り争いをしない!?

 

 

爬虫類人やその他の物質的な生き方に拘る宇宙人もいますが、地球人ほど自然と適合できていない人間はいません。他の宇宙人は最低限自然と共存しながら生きています。

 

私達に求められていることは元の生き方に戻ることなのです。よく人間は動物を見て「弱肉強食、弱い者が死に強い者が生きる」と語りますが、動物は生かせる魂を無駄にしません。

 

また自然界に生きる生き物たちの場合は共存するために必要最低限の縄張り争いはしますが、縄張りを保てればそれ以上のことはしません。無駄に欲を出して根絶させたりとかそのような無意味なことはしません

 

生きられる範囲で縄張りを保てればそれでいいと考えているからです。自然界の動物は自然に生かされていることを理解しているので無駄に根絶したりはしないのです。

 

 

地球人は宇宙の法則に反し、無駄に競争、戦争し合い生きている!?

 

 

では地球人はどうでしょうか。ただ生きるため以外に争い戦争をし、ただ理由もなく人を殺し自然を破壊し、そして自分たちの首を絞めています

スポンサードリンク

 

自分が生きられる範囲で縄張り争いすればいいものを、ただただ傲慢に大した理由もなく奪い合います。地球人は助け合えば十分生きていけるのに助ける事もせず変に競争心を煽って皆生きてますよね。

 

この生き方は宇宙の法則から反します。なぜなら共存して生き続ける事が一番重要な宇宙の法則だからです。この共存意識が無くなると生きていけないのです。

 

今の地球人の生き方では近いうちに人間を絶滅させるでしょう。しかしほとんどの人にこの件について尋ねると「仕方ないじゃないの」と答えるでしょう。

 

自制心と客観的に見る能力、そして広い視野で見る能力がない人に限ってそう言います。地球人はもっと自制心がない自分自身を掘り探り気づくべきです。宇宙人もこれを警戒しています。

 

共存意識がないと必ず生命は滅びます。全ての生命は必要だからこそ存在し、そして1つも欠けてはいけないからこそ存在するのです。1つ欠けるだけで自然の生態性は、いとも簡単に壊れてしまうのです。

 

 

大本の爬虫類人下請けイルミナティを排除し、地球人は自然へと返るべき!?

 

 

地球人の暴走を創りだしている一番の大本は支配層の爬虫類人下請けイルミナティです。彼らを止めないと本当に地球を滅ぼす結果に繋がります

爬虫類人下請けイルミナティさえ排除すれば何もかも元通りになるのです。

 

私達は何のために地球人として生まれてきたのか、そろそろ地球人は気づくべきです。爬虫類人下請けイルミナティの暴走を止めるのは私達なのです。

まずは爬虫類人下請けイルミナティの計画を知ることです。

 

そして爬虫類人下請けイルミナティを排除したのならば、消費社会から非消費社会の実現のため地球人は動くべきです。本気で世の中を替えたいと思っているなら、願いそして望んでください。祈りは現実になります。

 

この想念の真理を理解し、信じる人達から「地球人も共存意識を持つ、非消費社会になる、自然に戻る元に戻る」などと祈りを捧げ地球の手助けをしてあげてください。祈りは必ず現実になるのです。


スポンサードリンク

オススメ有料記事・ベスト4

1

  やりすぎ都市伝説の関暁夫さんが伝えようとした「人間選別」と「聖杯」の意味について、今回少しだけ紹介していこうと思います。 「人間選別」と「聖杯」はとても深い関係にあります。   ...

2

    今回は、地球の真の歴史について暴露していきたいと思います。 今回のは、結構ガチで地球史を調査し、数多くの隠されてきた情報がわかってしまったので、その情報を皆様に公開したいと ...

3

    ヴォイニッチ手稿の真実について、暴露したいと思います。簡単に言ってしまえば、ヴォイニッチ手稿とは、異次元空間についてまとめたものなのです。   ヴォイニッチ手稿に ...

4

    イルミナティは我々を家畜として管理するために、人類を管理する水準に保とうと、数多くの工作を行っています。   ネットでは「人類を10億人にまで除去し、管理できる水 ...

-宇宙人からのメッセージ

Copyright© 元宇宙人のスピリチュアルブログ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.